PCB表面の銅線の抵抗をすばやく見積もるにはどうすればよいですか?

銅は、回路基板(PCB)の表面にある一般的な導電性金属層です。PCB上の銅の抵抗を見積もる前に、銅の抵抗は温度によって変化することに注意してください。PCB表面の銅の抵抗を推定するには、次の式を使用できます。

一般的な導体抵抗値Rを計算する場合、次の式を使用できます。

resistance of PCB surface copper wire

ʅ:導体の長さ[mm]

W:導体幅[mm]

t:導体の厚さ[μm]

ρ:導体の導電率[μωcm]

銅の抵抗率は25°Cで、ρ(@ 25°C)= 〜1.72μωcm

さらに、さまざまな温度での単位面積あたりの銅の抵抗Rpがわかっている場合(下の図を参照)、次の式を使用して銅全体の抵抗Rを推定できます。以下に示す銅は、厚さ(t)35μm、幅(w)1mm、長さ(ʅ)1mmです。

resistance of PCB surface copper wireresistance of PCB surface copper wire

Rp:単位面積あたりの抵抗

ʅ:銅の長さ[mm]

W:銅幅[mm]

t:銅の厚さ[μm]

銅の寸法が幅3mm、厚さ35μm、長さ50mmの場合、25°Cでの銅の抵抗値Rは次のようになります。

resistance of PCB surface copper wire

したがって、25°Cで3Aの電流がPCB表面の銅に流れると、電圧は約24.5mV低下します。ただし、温度が100℃に上昇すると、抵抗値が29%増加し、電圧降下が31.6mVになります。

full auto SMT production line


投稿時間:2021年11月12日